食い逃げシリーズ

食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉 (光文社新書)

食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉 (光文社新書)

どっかのサイトで「上は読まなくても損はしないが、下は読まないと損をする」って書いてあったので

値段も参考書と比べれば安い方なので買ってみた。何の本なのかも知らずに(^^;

[上巻の感想]

会計にまつわる本でした。

だけど会計に関する話は深いところまでは書いてないです。

どちらかというと数字にまつわる話を例を挙げて解説しています。

日頃意識していない数字の力を書いていて、「なるほどねぇ〜」と思わせる内容でした。

先に感想を言われた後に読んだせいもありますが、確かに損はしないです。

ラッキーに近い感じかもしれません。

[下巻の感想]

上巻を完全否定している題名ですがその理由として

「非会計的要素を含めて考えれば、上巻の考えだけでは予想もつかない事態が起こりるので、
上巻の考えだけでは間違っているかもしれませんよ」

との事です。
最後に言い切っていないのも、その予想さえも予想だからです。

あまり詳しく書いたら本の価値が下がるので、詳しくは実際に買って読んでみてください。

オススメはします。

※追記
日記書いた後AddStarって横にあったからクリックしたらすごいことになったw