もちゅろぐ

iOSやSwift、モバイル設計だったりRailsについてまとめていく

ログとか、プロファイルとかって

プログラミング開発をサポートする技術っていうのは、

どうしても疎かになりがち。

その理由が、直接的に開発進行に関わらないため

むしろその時間分を足止めされていると思っても間違ってない。

だけど考えてみたら

過去に携わったプロジェクト、今やっている趣味プロ。

まず思い通りにいかない。

必ずどこかで躓くはず。

その時にサポートがあるのと、ないのでは全然違う。

  • サポートなし状態だと、過去の自分だけを恨む。
  • サポートあり状態だと、過去を含む今の自分にナイスとささやく。

早いほうがいい

「サポート作成?そんな時間ねーよ」って思ったら

既に手遅れ。

そんな風になる前に、なるだろうと予測して動けるようにならないといけない。

その一瞬を買うか、長い苦悩を買うかは一目瞭然。

初めての方へ

凝らずにシンプルなものから作ってみるべし。

小慣れてくれば、欲が自然と出てくる。

もちろん出なくてもOK

どうせなら一生涯保障

どのケースでも使いまわせるようなものを一度作ってしまえば

サポート作成に時間を取る必要は一生ない。