もちゅろぐ

iOSやSwift、モバイル設計だったりRailsについてまとめていく

開発環境に不満がある

 VCとかじゃなくて、ログやデバッグメニューの事ね。デバッグメニューももっと使いやすいようにしないと使わない。特に不満があるのがログ。ログを出しているけど見ても分かりづらい。日頃でなくてもいいログとエラーログが、ごっちゃになっているのが原因。なのでログを強化しようと思う。でもこれ時間がかかるんだよな〜・・・。出力ウィンドウが二つ以上あればログの種類ごとに出力先変えれば済む話だけど、残念なことに出力ウィンドウが一つしかない。複数種類のログを1つのウィンドウに出して、かつうざく感じないようにすることがゴール。

ログにレベルを持たせる

 出力するログには、どうでもいいログとエラーログがある。どうでもいいログっていうのはデバッグ用だったり、「○○ファイル読み込みましたよ」みたいな通知ログ。だからといって消すとデバッグで欲しいときにないのは困る。いちいちログコードを消したり書いたりするのは避けたい。日頃どうでもいいログは出力しないようにしてエラーログだけ出す。必要なときだけどうでもいいログを出力できるようにする。ログコードを書くときに「このログはどうでもいいレベル」を一緒に設定できるようにして、どっかヘッダなり外部ファイルなりで「どうでもレベル」を出すかどうかをON/OFFできるようにする。

ログごとに出力先を変える

 エラーなどはいつもの出力ウィンドウに出して、どうでもいいログは外部ファイルに出力する。

同じレベルのログでも出力するログとしないログを分ける

 例えばどうでもいいログで、座標を表示し続けるログがあったとして、別のコードに敵の思考状態を表示し続けるログがあった場合、ごっちゃになってうざく感じてしまう。同じログレベルだけど出力ON/OFFできる方法を考えないといけない。
ん〜・・・ログにIDを持たせるとか??

LOG( DEF_DEBUG_LV, DEF_PLAYER_POS, "座標:*****",**** )

みたいな?どっかにIDを覚えさせて、そのIDに関連するフラグがONだったら、ログを出力できるとか。
覚えさせる場所っていうのが凄い曖昧だけど・・・。