あれ意外と楽?

今日は時間がなくてClothのサンプルだけ見てた。以外と設定も少なく楽なんじゃないか?って印象。
PhysX SDK にはトレーニングとサンプル2つプロジェクトがあって、サンプルの方を見てみたら以前分からなかった CCD の意味が分かった。連続衝突検出の名の通り小さく高速で動くオブジェクトとの衝突判定の精度を上げるためのもので間違いなかった。どうやら自分のプロジェクトの動作がおかしいご様子。トレーニングのCCDだと貫通してたんだけどなぁ〜。恐らくトレーニングだけだと精度や効率に関する小技が抜けてるんじゃないかと予想。