読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もちゅろぐ

お辞儀して顔上げたらおっさんになっていた子どもが大人を目指します。

経営者やお金持ちがいつも考えている事

 前にも話した気がするが、ここ最近お金を稼ぐことに時間を割いている。

稼ぐといっても、実際にお金が手元に振ってきているわけじゃない。

お金が手元に来る仕組みを頭の中で何度も組んでは壊し組んでは壊しを繰り返している。

「早く」「楽に」をベースとして考えている。(当たり前か)

 

 

 他の人たちと比べれば足元にも及ばない時間しか使っていないが、分かった事がある。

経営者やお金持ち、いわゆるお金が手元に振ってきている人は、

常に何かを探し続け、常に仕事をまわせないか考え、常にお金に変えれないかを考えている。

つまりお金のことばかり考えている。

 

じゃないとアイデアも出ないし、お金が回るモデルも構築できない。

そんなに時間を割かずに出来る人は、私とは無縁のホントに凄い人なんだろう。

 

もし「お金=えげつない」イメージをもつ人は残念だ。哀れである。

欲しいもの、得たいものに対して常に考える事は、いたって普通だ。

好きな異性を得るために考える事と、お金を得るために考える事は、何も変わらず同じだ。

スポーツが上手になるために考える事と、お金を得るために考える事は、何も変わらず同じだ。

(話逸れるが、スポーツの練習は考えながらやらないと非常に効率悪い。)

 

 

 結局何がいいたんだ?って自分で思ったので、一言で。

「常に欲望を持ち、欲望を得る方法を考え続ける」

 

考えるのを止めている間は、人ではない。人の形をした何か別のものだろう。

せっかく人として生をもらったんだ、頭を駆使して柔な体を動かそうじゃないか。