もちゅろぐ

iOSやSwift、モバイル設計だったりRailsについてまとめていく

Fragmentの使い方メモ

 自分用メモ。

概要

Activityの部品の一つ。再利用可能なUIを作るのが目的。
例えばActivityが2つあったとして、その二つに同じUIが存在する場合に
そのUI部分をフラグメントで実装することによって、同じ実装を2度することなく再利用できる。
(所謂関数)

使い方(3.0未満〜1.6以上)

ライブラリを登録

Android SDK Manager > Available Packages > Android Compatibility package
をインストールする。

・ライブラリを登録する(パスを通す)(eclipse 画面)
インストールが完了するとSDKフォルダ/extras/android/support/v4フォルダに
android-support-v4.jarというファイルがあるのでそれがライブラリになる。

layoutフォルダにUIとなるxmlを追加する。

通常通りのレイアウトを用意する。

UI制御用にFragmentを継承したクラスを用意する。


アクティビティからフラグメントを登録する

バージョン注意

Fragmentを使用するにはandroidバージョンが3.0(HoneyComb)以上になる。
もし3.0未満で使用たい場合はAndroid Compatibility packageを利用すれば1.6まで対応可能。

3.0以上の場合
  • FragmentActivityではなく通常のActivityを継承する。
  • getSupportFragmentManager();ではなくgetFragmentManager();を使う.

xmlに埋め込む方法

xmlを埋め込むだけで使う方法もある。
使いたいレイアウトのxmlを埋め込む