もちゅろぐ

お辞儀して顔上げたらおっさんになっていた子どもが大人を目指します。

今週のお題「新生活」を快適に過ごすたった5つのアクション

  1. 早起きをする
  2. 会社についたらTODO確認
  3. ときたまTODO更新
  4. 会社出る前にTODO追加
  5. 起床6時間前に寝る

あとは好きにすればいい。

 

 

以下説明

 早く起きて会社に行くと何がいいのか?

眠くてやってられないのに、なぜ早起きはいいのか?

ずっと遅刻ギリギリだった私が早起きして何を得たのか?

はっきりと安定した答えはない。

私の環境では、会社にいる時間をズラさないと、子供が寝る時間が遅れるのが最大の行動理由だ。

早起きで「遅刻+朝っぱらから走る」という呪縛から解き放たれた。

「会社に入っても人が1・2人しかいないから超静か」これぐらいだ。

しかも副産物。

 

しかし40歳以上の人が口揃えて「早起きしとけば良かった」と後悔している。

そして役員や社長は睡眠時間が少なく朝起きるのが早い。

 

体力ある人の真似をすれば体力がつく。

健康な人の真似をすれば健康になる。

金持ちの真似をすれば金持ちになる。

 

6時間と書いているが、6時間は私のケースであって、体力つけば4時間にでもしたい。

 

TODOの理由はシンプルだ。

先を考える自分が、今に集中している自分に対して命令しているからだ。

先のことを考えながら目先の仕事に集中するのは難しいが、片方ずつなら簡単なものだ。

 

 5つと書いてるが、実際は2つだ。

TODO記入を忘れないことと、起きれる時間に寝ることだ。

TODO記入はやってれば、色々と追加したりカスタマイズしたくなる。

すればいい。TODOに対してカイゼンすることは、自分の業務改善と変わらない。

起きれる時間に寝れば、確実に起きれる。

もし起きれないのなら、それは何かが原因で見誤っているだけだ。

再度起きれる時間を計算して寝ればいい。

大事なのは、

常に今の行動がどのような結果を出すのか意識し続けることだ

 

あぁ、1個になったじゃないか。