もちゅろぐ

お辞儀して顔上げたらおっさんになっていた子どもが大人を目指します。

最近次女のハイテンション笑顔が人生の栄養です。

ネットで見かける記事で思うこと

全ての記事に当てはまることではないけれど。

有名ニュースアプリなどで掲載されると、その記事内容がてきとーで、ソースもまともじゃなくても、それが正だと誤ってしまうことがある。

特にそれが自分には大して興味がなかったり、分野外だったらなおさら。

北海道置き去りニュースの件

見つかって本当に良かったです。

探索に時間がかかり、天気も雪が降るとかあって、ここ最近の運転死亡事故の流れもあって、自分の中で最悪のケースかと思ってました。

しかし結果としては、子どもの力にとても驚きました。

まずは子どもは体調回復と、お父さんは親戚から叱られてください。

他山の石

私には子どもが二人とお腹に一人います。

とてもかわいく、毎日の成長がとても愛らしいです。

しかし躾はします。それは私が親にされたように、私にも信念をもって躾は行います。

下の子はまだ幼いので、単純に危ない場合やあまりにも不衛生な行動を繰り返す場合は行います。

指を扇風機やコンセント、熱い鍋に突っ込もうとしたら、腕をデコピンします。

その後すぐ後ろから見てて、同じことをしようとしたら、同じように腕をデコピンします。

それは大怪我する前に、すこし痛い思いをして危険を理解できたほうがいいと考えているからです。

上の子は言っていることが分かるようになってきたので、言葉で伝えます。

しかし何度も伝えてもダメで、かつやっちゃいけないことをした場合は、雷を落とします。

上の子が妻のお腹(妊娠中)に膝落としをしたときは、過去一番でした。

私は子どもを叱った後、少し時間を起きます。

妻がいる場合は、妻が子どもへ近づき話を聞き、言葉を伝えます。

それから子どもと話して、言葉を伝えます。

最後は親から受け継いだ方法で仲直りをします。

 躾は家庭によってバラバラだと思います。躾とは呼べませんが同様のことは家庭だけでなく学校でも行われていると思います。

「負けたら走って学校まで帰宅」とかありすぎるくらいです。

私の幼なじみは親父が怖すぎて、二人で馬鹿やったときは、家に帰るまで震えていました。

話は戻って

置き去りをダメか良しかと2択であればダメです。

しかし2択といった単純な話とは思えないです。

子どもが石を投げたとなれば、親はかなり怒ったはずです。

正直言葉だけで解決するというのは、状況によっては考えが甘いと思います。

石を投げて子どもの顔にあたって傷物になっても、親は膝立ちして、子どもの両肩を強く握り、強い言葉で叱るのでしょうか?

石が頭にあたって、意識失うほどダメージを与えても、親は膝立ちして、子どもの両肩を強く握り、強い言葉で叱るのでしょうか?

一番考えが分かれそうな状況は、石が誰にも当たらなかった場合でしょうか。

行動の選択に答えなんてあるのでしょうか?

私の場合は、石が当たりっこないけど、危ないな場合と、実際に石が人の近くまで飛んでびっくりさせた場合で分かれます。

とにかく何か起きてから、人が怪我してからでは遅いです。

そこよりも、自分の子どもを自分が躾るにあたって、同じ過ちを二度とさせないように一番効果的に伝えることだと思います。

 子どもへの躾に過酷な状況や体へのダメージにより覚えさせることを賛成しているわけではないです。

このニュースを知りある程度状況を知ったとき、自分も気をつけようと思いました。

叱ると怒るは隣り合わせなんだなと感じました。

 これ以上親子の信頼関係を探ったりしないで欲しいと思います。

お父さんの仕事先も心配だし、子どもの学校、お母さんの近隣との関係といった日常に支障をきたしてからでは遅いからです。

どれが1つでも支障をきたすと、子どもに影響を与えてしまいます。

エンジニアの心を折るのは容易い

お金優先指向に待ち構えるリスク

現在都内の自社発Webサービスの会社にエンジニアとして勤めています。 最近「なんだかなぁ…」と思うことがあります。

半分が愚痴になってしまっていますが、自分の考えを少し書いてみました。 常にこの考えが正であるとは思ってはいないです。

金、かね、カネ

配属している部署でも、

  • 「予算を削れないか?」
  • 「もうちょっと納期を短くできないか?」
  • 「品質はそこまで重要視する必要はあるのか?」

と対して理解できていなくてもとりあえず出しとけという軽さで、出てきます。

おそらくどこの会社にでもある身近な話題だと思います。 昔から言われていることなのですが、ここ最近それが表に出る傾向が強くなり、 新人から中堅手前のレイヤーにまで侵食してしまい、偏った考えをもって成長してしまった人材ができている状況です。

削る代償

見積もられた開発工数から何かを削るとなると、必要だと判断した作業を削ることになるため、必ずそれに対するリスクが発生します。 残業でカバーしても健康悪化や社員のモチベーション低下による社員定着率低下に繋がります。 そもそも重要な案件でもない限り、スケジュール見積もりの段階で残業な考慮されるのは、 ナンセンスでマネジメント陣営が管理できませんと宣言しているようなものです。

最小労働で最大成果

美学とされる安く・早く・質良くは、どの業界でも通じるものだと思います。

しかし何でもかんでも自分のモノサシで数字優先に走ると、 エンジニア業界では、「改修拡張コスト増大」「メンテナンス性ゼロ」といった技術負債が待ち構えています。

アジャイルだから

アジャイル開発を誤解した企画やマネジメント層がいると、とても素晴らしい開発スタイルだと勘違いしてしまいます。

スパンを短くリリース頻度を上げ、重要な機能のみをどんどんリリースする。 ウォーターフォールと違い最初から全部詰めずに、必要になったところのみを用意・決定し、 スプリント毎に上がる成果物をレビューし、フットワークの軽い改修ができる。

そんなさわりのいい言葉部分のみを理解した夢物語を支える技術・プロセスを「必要なの?」と訪ねてくるたびに、毎回説明に疲れます。

分かんないけど

言葉はじめにジャブとして使います。 状況を理解しようとせず数字だけ見る人がよく使ってます。 とにかく他の数字と比べて大きい、なんとなくあまり見慣れない数字を見つけると、 なんとかしようとして「なんとかできない?」といったニュアンスを秘めて聞いてきます。

それが自分で撒いた種にもかかわらず

安く、早く、でもバグは出さない

最低限の実装、自動化ではなく人力テスト、技術負債は知らん顔 プロダクト優先でやった結果、数カ月後に負債の塊を片付けないと話が進まない状況を作り上げ、 しまいには、それをした本人が「その(負債片付け)作業は本当に今必要なものなのか?」と聞いてくる。

プロジェクト品質を健康に

健康でないプロジェクトに、アジャイルのメリットは得られません。 むしろ開発速度は遅くなり、品質は悪化、使いにくい最低限の機能と負債だけが蓄積されます。

健康とは

プロセス・文化にカイゼンが組み込まれ、継続的にカイゼンできる「環境」が常に整っていることです。 ドキュメントが箇条書きで誤字脱字、置き場所が異なるは仕方ないです。 しかし、「優先度が低いから」それを放置する選択をし続けると、人依存になり、いなくなり、誰も知らないプロジェクトだけが残ります。 開発も同様に蓄積すると、「なぜ」の答えは残らず、担当者が「なぜ?」と頭をかしげることになります。

開発はレールにのっていれば強い

アーキテクチャAPISDK、エンジン、フレームワークと呼ばれるもののほとんどが、 課題に対して「普通に考えるなら実現/実装はこうだよね」という思考のもと作られています。 そのエンジニアにとって一般的な考えから外れない限り、開発速度は低下しません。

しかし負債が蓄積されるとそのレールから外れやすくなり、提供されている条件にマッチせず、結局自作することになり 一般的には考えられない組み合わせをすることになり、問題が起きても検索してもヒットせず、開発は最悪止まります。

転ばない杖より、起き上がる足腰

開発に負債、バグ、不備はスケジュールや予算や障害対応といった外部要因の都合上どうしても避けられません。 最小限に抑える努力、対策は必要です。 しかしそれと同様にプロジェクトが抱えている問題を解決する仕組みを案件といった粒度だけでなく 開発サイクルにも組み込むことが大事です。

聞かれるけど、聞いたら答えられない

開発者は企画者よりも機能を本当に必要最低限にできます。 それは作ってる作業を削っていけばいいし、要求分析、要件定義の際に実現したいことが分かれば、 満たしていればいいだけのシンプルな実現方法を提案できます。

しかしそれを提案しても企画者は納得せず、そこまではやらないといいます。 「削れ削れ」と言ってる割に、限界まで削ったらひきます。

結局企画者もやりたいことを言葉として文章化することができず、 開発側も伝わらないためニュアンスや空気を読むことしかできず、認識が噛み合わず谷が深まるばかりです。

アジャイルであればチーム内にて対話ベースにより共通認識を構築していくことで、何を目指しているのか見えてきます。 しかしマネジメント層はチーム外で、対話よりも数値、背景よりも数値な状態なので平行線です。

QCDも大事、だけどそれを支える作業も大事

いつもなら「なんだかなぁ」と思う部分はあっても、お互い様なところもあるので気にしないようにしているのですが。 アジャイル開発なのに案件とチーム、そしてチーム構成をころっころっ変えて成熟度なにそれ?状態でして。。

利益優先しすぎた結果、運用費増加や利益低下になってしまい、 根本解決に走ると思いきや、さらに利益優先な決断をしていると流石に滑稽に思えます。

製品の開発には、ある程度の規模になると規模に適した計画が必要になり、計画を短くするためには熟練者が必要になります。 目の前のことしか決まっていない状態で走り出すと、プロジェクトは失敗します。

スライムから風邪、怠惰そしてライフプラン

スライム味

f:id:motom552:20160514174613j:plain スライムはニンニク(骨)、卵(タンパク質)、油(脂肪)でできているようです。

娘(次女)が風邪をひきました

先ほどお風呂から上がると体全体をブルブルと震わせてました。 最初は、まだ足腰が弱いのでバランスが保てずにグラグラしているだけかな?と思って抱っこをしたのですが、腕のブルブルは止まらず口元見るとアゴをカチカチ言わせて震えてびっくり。 慌ててお風呂に戻って、少し熱いシャワーで体を温め直し、なんとか震えは止まりました。

タイミングが悪い

いつもならお風呂は妻と二人三脚でやっているのですが、今日は妻が疲れて寝込んでいたので自分一人で二人の子どもをお風呂に入れました。 1人でお風呂に入れると、必ずどちらかは寒いおもいか熱いおもいをすることになり、いつも下の子が暑がって泣くので、今日は湯船に入れてまたせず、 シャワーでお湯を当てながらこなしました。

油断大敵

その選択が間違っていたのかもしれません。もともと2日前ぐらいから寝ると咳があり、体調崩す前兆かなと思っていたのですが、軽い気持ちでいたのがそもそもの間違いでした。 子どもは成長し大人も慣れたといえど、油断は禁物ということが、子どもの身に侵食し、子どもの苦しむ姿が私の怠惰な心を貫きます。

体力の衰え

ここ数日で体力の衰えを日常生活で実感しています。衰え自体は毎日だと思いますが、ここ数日でそれが日常に影響するほどになっており参っています。 以前は会社のフットサルに参加していたのですが、仕事の忙しさをきっかけに参加しなくなり気がつけば1年が経ちました。 妻に軽く相談したところ参加したらと言われたので、またフットサルに参加し体力をつけようかと思っています。

ライフプランとスキルプラン

今年の冬に3人目の子どもが生まれます。

都内+3人(0歳+2歳+4歳)+賃貸+両親ともに地方

正直きびしい状況です。 3人目は想定外であり、計画的だったにもかかわらずできたので、本当に授かりものです。 今の状況では都内で5人で暮らしながら、マンションや一軒家を購入するのは、不可能です。 また子どもを進学させることすらままならない状態に陥っています。

そこでまずはママ友にFPがいるとのことなので、相談することになっています。 都心や郊外に済むとしたら、現実的なライフプランはどこになるのか、収入がいくらあれば、自分らが8割満足できるライフプランになるのか。そういったことを相談した後に、現実的に無理そうなら、私の実家(宮崎)にUターンしようかと考えています。

しかし仕事はない

残念なことに地元には私が今やっている職種は数えるほどしかなく、その数えられる仕事先の内容も私が上京する前から変わらずの内容で、おそらく一度入ってしまうと、二度と戻れる時間、スキルは身につかない一方通行な選択です。(そこで認められ自由が得られればまた変わってくるでしょうが・・・)

田舎にいながら都会の仕事がしたい

そうなると私の職種で最近流行の兆しを見せているのがリモートワークになります。 自宅にいながら東京の本社やまたは仮想スペース上で、他メンバーと顔合わせややり取りを行い、仕事をするスタイルです。

しかしスキルセットが異なる

残念ながらリモートワークをフルタイム勤務OKな会社は少なく、必要とするスキルセットも現在の私のスキルセットとは異なっており、 なかなか厳しい状態です。

それでも諦めない

しかし、それでも必要なら得るしか無く、求められる人材になるために、会社では全く使わないスキルセットを自宅でチクチクと学習しています。

頭をよぎるスペシャリスト

ただ、もし今のスキルセットを突き詰める、またはマネジメントスキルをプラスすることで、年収が増えて都内で生活できるとしたら、それもまた選択肢なので、私の悩ます人生の選択になります。恐らくこの選択により、骨を埋める覚悟になるためです。

同じ境遇の方

私と同じ都内在住+子ども3人(0歳+2歳+4歳)+賃貸+両親ともに地方の方がいたら、是非とも話を伺いたいものです。 現状と将来どういったライフプランを立てているのかについて。

ほっこり

今日は朝からほっこりしたことがありました。 仕事は疲れたけど、思い出すとほっこりします。

私はほとんど毎日朝は同じコンビニで朝食を購入しています。 今日もコンビニで購入後、コンビニ横の通路で楽天チェックをしていました。 通路には保育園の先生が子どもが6人ほど入る柵付き手押し車を押して散歩していました。 すると、コンビニの店長(60ちかく)がいつもの奥から黄色い風船をたくさん持ってきて、先生に渡していました。 先生はお礼を言って、子どもたちは凄い笑顔で風船を欲しがってました。

ハスキーボイスだけでなく、ダンディな店長でした。

少し振り返ると色々ありました

写真を眺めていたら色々と内から湧き出るものがありました。 今日はその中から少し紹介したいと思います。

焼き肉を食べるお店の道中

f:id:motom552:20160507172122j:plain 3年前に暮らしてた家の近所にある商店街に、凄く上手に絵を描くおじいちゃんがいます。 しかも選ぶキャラが、深夜番組見てるでしょといわんばかりの幅の広さです。

よく見るとおそ松さんではなく君です。

深夜のアニメ

f:id:motom552:20160507163835j:plain 新しくアニメが始まりましたね。 私はそんなに興味はないのですが、妻がアニメが好きで録りためています。 そんな中で今回自分が一緒に見てもいいかなと思うのが、写真のアニメです。 所謂シリアス系ギャグマンガです。

実は少し後悔してます

f:id:motom552:20160507160306j:plain 長女です。 本人の中で、ジグソーパズルが最近の流行りらしく、 好きこそものの上手なれといわんばかりにパズルを完成させます。

他の子と比べるとちょっと成長が遅い気していた最中に、 パズルを組み立てるの上手なのを知り親のほうが感動してます。 嬉しさのあまりに、もっといろんなパズルをさせてみよう。 ということで、購入しにきた当時の写真です。

本人はパズルを選んでいたのですが、おもちゃフロアなので、 それ以外にも目が止まり本命のパズルは選ばず。 すぐに呼ぶのも可哀想かなと思って、私は後ろで少し待っていた時に撮った写真です。

そのときは気づかなかったのですが、今写真を見ると後ろで待たずに 近くによって後ろから話しかけて、一緒におもちゃのことで話したほうが いろいろと得られるチャンスだったのかなと、少し後悔しています。

子どもの日の子どもたち

私は子どもの日はイベントでいなかったのですが、 子どもたちは妻と友人と馬事公苑へ遊びへ行っていたようです。 上は長女、下は次女です。 f:id:motom552:20160512024512j:plain f:id:motom552:20160512024509j:plain

楽しそうで何よりです。

最近のお気に入り

f:id:motom552:20160503233938j:plain 次女です。 最近彼女のお気に入りはキーボードやマウスといった私が普段使用している物に興味を示しています。 真似事をする時期でもあり、キーボードを叩いたり、おしり拭きを取っては、床を拭いたりしてます。

大病にかかっていた時期もあったので、元気な姿ほど私達にとって嬉しいことはありません。 子どもは大人になったら育ててくれた親に感謝の意として、親孝行をすることが良いことになっていますが、 今の自分としては、先に親孝行してもらったから、感謝の意として守っていると考えるほうがしっくりきます。

ブログ再開!

f:id:motom552:20160505101723j:plain 数年以上も放置していたブログをまた再開しようと思う。 理由は特に無いといえばないけど、あえて書くなら最近はてぶろの記事を見ることが増えたから。

しばらく見ない間に管理画面がやたら豪華でモダンなUIになっていて少し驚き。

今週のお題ゴールデンウィーク2016」

今年のGWはのんびり家+ボランティアに参加しました。

家でのんびり

GWといえど、どこか旅行行く予定もなく、家や近辺でのんびりとしか予定しておらず、妻も同意見でした。 近所のTSUTAYAで本やDVDを借りたり、公園で子どもと遊んだり。 自分としてはそれで十分だし、子どもも楽しんでいたようなので満足かな。

Hour of Code にチューターとして参加

子どもの日に品川のMicrosoft社の一フロアを貸しきって、Hour of Codeイベントが開かれました。 f:id:motom552:20160505095733j:plain Hour of Code とは子どもにプログラミングを体験してもらう子ども向けイベントです。 自分は子どもが躓いていたら教えてあげるチューター係として参加しました。 イベント後の懇親会にも参加し、同じ社会人同士で会話したり、話す機会のないボランティア大学生と話すなど。 なかなか体験できないことがありました。

お題「就活」

既に社会人として10年たっていますが、自分にとって就活と呼べるものはほとんどないです。 周りの友達が就活で慌ただしくなっていたころ、自分はそこまで深く考えておらず、 何気なく目指している業界の中で唯一きちんと知っている会社のHPを覗いたら、既に応募開始になっており慌てて参加しました。

就活といえば事前に自己分析や対象会社の調査やSPI対策など、事前対策が重要だと思っていた中、既に応募開始で準備期間なしだったので、 それで落ちるだろうと諦め、どうせ落ちるなら練習と割りきって、会社に応募ではなく、俺が審査してやろう。という意気込みで 参加して、偉そうに質問したり、意見をいってたりしてました。 また、自分のポテンシャルを最大限に出せる方法を考えた結果、面接日にお酒を少し飲んでから面接を受けるなど破天荒な考え方で挑んでいました。 それが良かったのか、偶然かわかりませんが、1社しか応募せず、その1社目で受かって、第一志望だったので、そのまま入社しました。

f:id:motom552:20160511022339j:plain

f:id:motom552:20160511022343j:plain

現在は少し違う業界、会社に転職済みで3年が経過してます。

私は休憩で休まない

休憩っていうのは何も考えずに脳や体を休める時間ではなく、
休憩の前にやっていた作業を思い返すことによって、頭を整理する時間。

最高の仕事をするには最適な休憩をすればいい。
そして最高の仕事を達成したらビールで乾杯だ。