もちゅろぐ

お辞儀して顔上げたらおっさんになっていた子どもが大人を目指します。

チームと時間について真剣に考えさせられた

先週の後半、会社の研修に参加してきました。

時間とお金は大事だということは、初めから知っていたのですが、

研修中ルールとして時間の制約が特に厳しく設けられ、

時間の価値を体感し、価値を上げる方法を知り、そして自分は立ち止まらず、目標を叶え続けなければならないと振り返る研修でした。

 

チームという枠において、理想のチームは?と聞かれれば大体がズレの少ない答えが返ってきます。

では、そのチームメンバーで、どう理想のチームに近づける?という答えは千差万別です。

私が経験したチームは、イメージで伝えるならば、背中合わせで外を向き合い、互いに背中を預けて戦うチームです。それはコミュニケーションを最低限に絞り、讃え合うのは最後か、山を乗り越えた時だけです。それ以外はお互いが口を出さなくても信じ合い、助け合います。

 

しかしこれは理想だったらしく、場合によっては、言葉を細かに投げて伝えてあげる必要がありました。これは私に取って新しい価値観であり、学ばなければならない経験です。

チームが必要としているのであれば、それは必要だからです。

 

チームのいざこざも起きました。

そんなときチームリーダーがジャッジすべきですが、私たちのチームは全員スキルの低い集まりだったので、ジャッジは多数決で行うように一番最初に取り決めました。

しかし全員合意済みであったそのルールすらも破棄しようとする場面もありました。

しかも理由はなんとなく。

その問題自体は別方法で解決はしたのですが、チーム間の信頼関係は完全に崩れ去り

疎い私が見ても、暴走した人が孤立した状態になってしまいました。

 

しかも最悪な事に、合意したのに合意してなかったという結果が出ているので、

その日話し合って多少傷は修復しましたが、疑心暗鬼になってしまったのは拭えません。

 

有名な樽の話でもあるように、チーム力はメンバーの最低値がチーム力になります。

最年少の私が、チーム内に子供が混じってしまっていると感じるほどのひねくれたチームだと気づきました。

 

あまり研修の詳細かくのも良くないので、ここらでまとめます。

 

私が学んだ事は

 ・ 誰かと一緒にいる以上、時間は他人のもの

 ・ 理想のチームは固定でも、手段はメンバーが変われば変わる。

 ・ 人は見かけによらない。

 ・ お酒が入った状態で、絶対に話し合いしない。

 ・ 嫌々ながらやると後悔する。

 

最後に、私の価値観にかんする視野を広げてくれた人たちと

私の後ろからついて来てくれている、妻と娘に感謝します。

私は歩き続けるために、動き続けたいと思います。